自動車保険 任意保険 対人賠償保険とは?

対人賠償保険とは?

 

対人賠償保険とは、交通事故被害者のための保険です

 

対人賠償保険は、自動車事故により、
自分の車の同乗者、相手の車の搭乗者、歩行者などを
死亡させたり、ケガを負わせてしまい、損害賠償責任を負うことになったとき、
自賠責保険で支払われる保険金を超える部分について
保険金が支払われます。

 

対人賠償保険では、運転者本人やその家族については補償さません。

 

自賠責保険は人への補償であり、対人賠償保険です。
しかし、その補償額は、
ケガ120万円
後遺障害最高4,000万円
死亡最高3,000万円
と、保険金の上限が決められています。

 

実際には自賠責保険の上限額を上まわる事故のケースもあるわけで、
賠償金額が数億円に達することもあるのです。
その場合、ほとんどの加害者は支払いが不可能です。

 

そのような事故に備えるためには、
対人賠償保険への加がは必要になってきますし、

補償額は無制限にしておくのが無難です。

 

自動車保険に加入するときに設定する補償額は、
被害者1名についての保険金額となっています。

 

 

対人賠償はすべての人が補償されるわけではない

 

対人賠償で補償されるのは「他人」に限られています。
「他人」として認められない人は、
車を運転していた人、記名被保険者および
その父母・配偶者・子どもです。

 

記名被保険者(きめいひほけんしゃ)とは、
保険契約上、通常は保険証券に記名されることから、
記名被保険者といわれます。

 

 

この対人賠償保険の対象となる人は、第三者である他人です。
補償の対象となるのは、相手の車の運転者や同乗者、
死亡またはケガをさせた歩行者となっています。

 

具体的には、以下の人は補償の対象外になっています。

 

1.自動車保険契約者本人
 対人賠償保険は、第三者である他人の賠償に対応するための
 保険ですので、 契約者本人の死亡やケガは補償されません。

 

2.自動車保険契約者の家族
 同じ車に同乗している家族の事故および契約者本人が運転中に家族に
 ケガをさせた場合も補償の対象外となります。

 

3.自動車保険契約者の承諾を得て運転した人
 契約者本人の車を友人や知人が承諾を得て運転していたときに
 事故を起こした場合、 その運転者も補償されません。
 その車に契約者本人が同乗している場合も補償されません。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「対物賠償保険とは」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引