自動車の保険料を運転者や年齢を限定して安くする

運転者や運転する人の年齢を限定して安くする

 

1.運転する人の年齢を限定して保険料を安くする

 

運転者の最低年齢を指定することで、保険料が安くなります。

 

統計によると、年齢層の若い人ほど事故を起こす確立が高いということから、
年齢条件が上がるにつれて保険料が安くなっていきます。

 

年齢の区分は保険会社によって異なっていますが、
一般的な年齢幅の区分は次の通りです。

 

年   齢 補   償

全年齢担保

18歳以上の運転者を補償

21歳未満不担保

21歳以上の運転者を補償

26歳未満不担保

26歳以上の運転者を補償

30歳未満不担保

30歳以上の運転者を補償

35歳未満不担保

35歳以上の運転者を補償

 

 

運転免許は18歳から取得できますので、
「全年齢補償」の条件で契約した場合、保険料は1番高くなりますが、
「30歳以上補償」+「子供特約全年齢担保」などで契約すると、
保険料が割安になります。

 

各保険会社によって、年齢条件が異なってきますので、
インターネットの比較見積りなどを上手く使って、
自分にピッタリの保険会社を見つけましょう。

 

 

2.運転する人を限定して保険料を安くする

 

運転する人を限定することで保険料が安くなります。

 

たとえば、ほとんどの保険会社には
「運転者家族限定特約」というものがあります。
この特約で契約すると保険料が安くなりますが、
家族以外の人が運転をして事故を起こした場合、
保険金は支払われません。

 

一般的に家族とされる範囲は、被保険者(契約者本人)、
その配偶者、同居の親族、別居の未婚の子です。

 

他にも「本人限定」、「夫婦限定(本人+配偶者限定)」などがあり、
運転する人を限定すればするほど、
保険料の割引率が大きくなっていきます。

 

限定のタイプ 運転ができる人 割  引
   運転者の限定なし 本人、誰でもOK

なし

   家族限定 本人、同居親族、別居の未婚の子

   配偶者限定 本人とその配偶者

   本人限定 本人のみ

 

 

1台の車を家族で共有して運転する場合は注意が必要です。
自動車保険の年齢条件はいつでも変更できますので、
家族が免許をとって変更が必要な場合は、
保険会社に連絡して、相談してみるのがベストです。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「リスク細分で保険料が安くなる」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 

 

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引