自動車保険の対人賠償補償は無制限にしておくと安心!

自動車保険の対人賠償補償は無制限にしておくと安心

 

自動車保険の対人賠償補償は無制限にしておくと安心です

 

対人賠償保険は、自動車事故で、他人を死傷させ、法律上の賠償責任を負った場合に、
自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について保険金が支払われます。
歩行者や相手の車に乗っていた人、自分の車に同乗していた人が補償の対象となります。

 

 

賠償金が億単位になることも・・・

 

法律で加入が義務付けられている自賠責保険の支払い限度額は、

 

死亡事故の場合(被害者1名あたり)3000万円、
重度後遺障害の場合(被害者1名あたり)4000万円、
ケガの場合は(被害者1名あたり)120万円

 

と定められています。

 

ところが、死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合、
これらの限度額をはるかに超える億単位の賠償額になるケースが増えています

 

自動車保険の対人賠償補償は無制限にしておくと安心です。

 

 

対人賠償保険の支払い対象は、あくまで「他人」

 

対人賠償保険の支払い対象は、あくまで「他人」です。
「他人」とは、「被保険者(保険の対象となる人)」以外の人のことです。
「被保険者」は対人賠償の対象にはなりません。

 

 

被保険者の配偶者や子は保険支払の対象外になることがありますので
注意が必要です。
保険会社に内容をよく確かめてみましょう。

 

 

たとえば、搭乗者傷害保険に加入していれば、運転していた本人も家族も
対象となり、保険金が支払われます。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「対物賠償補償も無制限で安心を」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引