自動車保険(車両保険)で台風・竜巻・冠水・水害も補償される?

自動車保険(車両保険)で台風・竜巻・冠水・水害も補償される?

 

自動車保険(車両保険)で台風・竜巻・冠水・水害も補償される?

 

自動車保険(車両保険)で、台風・竜巻・冠水・水害などの被害に遭い、
車が損害や全損した場合、保険で補償されるのでしょうか?

 

台風シーズンだけでなく、異常気象の影響で、年々、竜巻・冠水・水害などの
被害が規模を増し、件数も増えているように思われます。

 

年間を通して大雨やゲリラ豪雨などが頻繁に発生するようになり、
水害などの被害も増しています。

 

このような場合、自動車の車両保険では、どこまで補償してくれるのか知りたいですよね。

 

車両保険には、一般車両保険とエコノミータイプ(エコノミー+A)がありますが、
いずれの車両保険でも保険金を支払ってもらうことができます。

 

台風・竜巻・冠水・水害などによる車の損害は自動車保険(車両保険)で補償されます。
車の修理代金は保険料で支払ってもらうことができます。

 

車両保険の保険料を安く抑えるために免責金額を設定していた場合は、
その設定額分についての自己負担額が発生じます。
ただし、全損となった場合は免責は適用されません。
全損とは、修理などにかかる費用が契約金額を超えてしまうことをいいます。

 

 

しかし例外があります。それは、火山噴火や地震・津波によって生じた損害については、
車両保険での支払いは対象外となり、保険金は支払ってもらえませんので、注意が必要です。

 

 

現在、車両保険に加入している方の割合は、自動車保険加入者の40%程度です。

 

万が一の時に備えて車両保険に加入した場合、どれくらいの保険料になるのか
が知りたいですよね。
自動車保険一括見積もりなら、各保険会社の保険料を比較することができます。
一括見積りを取ってから検討してみてはどうでしょうか?

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「自動車保険の保険料の平均額とは?」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引