自動車保険 おすすめの掛け方とは?

自動車保険 おすすめの掛け方とは?

 

自動車保険を契約する際の最大のポイントとは、

 

自分と家族を守ることができ、かつ被害者にできるだけ
迷惑がかからないような補償内容にすること、
そして保険料が安いことです。

 

それには、
■対人賠償保険は無制限
■対物賠償保険は無制限
■車両保険は一般車両もしくは車対車+限定A
■人身傷害保険
■搭乗者傷害保険

予算があるのなら、弁護士費用特約、個人賠責保険などを
プラスしてはいかがでしょうか。

 

 

車両保険について

 

車両保険に加入すると保険料が高くなりますが、
歩行中や無保険車との事故などを想定するならば、
車両保険を外すことはやめた方がいいと思います。

 

相手が無保険で、支払い能力がなければ、
自分の車両保険で修理代は支払われます。

 

修理代の内、相手の過失相当分は、後日保険会社が相手から回収します。
(回収出来ない場合もあります。)
これは相手が支払うべき分を、自分の保険会社が一旦立て替えたということです。

 

車両保険は、車対車+限定Aを選択すれば、保険料は安くなります。
車同士の事故、盗難、いたずら傷などが補償されます。

 

 

搭乗者傷害について

 

搭乗者傷害は自動車搭乗中の傷害保険です。

 

搭乗中にケガをした時に契約時に決めた金額を定額で支払われます。
この場合は診断が下ればすぐに保険が下ります。
日数払いと部位症状別払いがあり、支払う金額に違いがあります。

 

 

人身傷害は損害が確定しないと下りません。
しかし対象者が自転車に乗っていたり、歩いていて事故にあっても下ります。

 

人身傷害補償は、自分(同乗者や家族を含む)がケガをして
生じた損害(治療費用・休業補償・慰謝料等)の内
相手から支払われない分を補償するものです。

 

たとえ相手の100%過失でも、示談がまとまらない場合や
無保険で支払い能力が無い場合に、人身傷害補償を使うことができます。

 

自分に過失がでた場合、相手からの不足分や
単独事故で相手がいない事故、追突しての事故の場合に
人身傷害保険が大いに役に立ちます。

 

 

弁護士補償特約について

 

自動車事故などで被害に遭った場合の損害賠償請求のために必要な弁護士費用や、
弁護士などへの法律相談費用などが保険金として支払ってもらえます。

 

相手方が損害賠償請求に応じない場合でも、弁護士に相手方との交渉を
まかせることができる保険です。

 

■弁護士、司法書士、行政書士への報酬費用は、
 1事故1名につき最大300万円まで。

 

■法律相談費用は、1事故1名につき10万円まで。

 

弁護士費用特約の保険料は、保険会社によって異なりますが、
年間約2000円程度です。

 

弁護士費用特約といっても、自分の受け取る賠償請求をしてくれる訳ではありません。
誤解しないようにしましょう。

 

 

個人賠償責任特約について

 

自動車事故以外の日常生活の事故により、自分や家族(別居の未婚の子を含む)が
他人をケガさせたり、財物に損害を与えたりして、
損害賠償責任を負った場合に保険金を支払ってもらえます。

 

この個人賠償責任特約を付ければ、
自動車事故を含めた日常生活での賠償事故を補償してもらえるのです。

 

個人賠償責任特約の保険料は、月額200円〜300円程度です。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「自動車保険 選び方ポイント」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引