等級制度の改定 割増引率表

ノンフリート等級制度の改定 割増引率表

 

ノンフリート等級制度の改定 割増引率について

 

自動車の保険料が全体的に見直されています。
これは、近年、自動車事故が増えたことにより、
保険会社の支払い保険金が多くなったことがその理由です。

 

事故を起こした場合、3等級のダウンになるだけでなく、
割引率も引き下げとなり、保険料が大幅にアップします。

 

 

「ノンフリート等級別料率制度」の改定

 

ノンフリート等級別割引・割増制度とは、
1〜20等級の区分に応じて、
保険料が割引・割増される制度です。

 

現行のノンフリート等級制度では、
前年までの事故の有無にかかわらず、同じ等級の契約であれば、
同じ割増引率が適用され、支払う保険料も同じ金額でした。

 

つまり、現行の等級制度では、
事故があった契約者が本来負担すべき保険料の一部を
事故がなかった契約者が負担している状況でした。

 

このような契約者間の不公平を改善して、公平性を保つために、
ノンフリート等級別料率制度の改定が行われました。

 

現行制度では、事故の有無にかかわらず、
同じ等級の契約者であれば同一の割増引率が適用されましたが、

 

 

「無事故」の割増引率と「事故有」の割増引率の2つに細分化され、
割増引率に差が設けられました。

 

事故があった場合、更新後の契約については「事故有」の割増引率が適用され、
保険料は現行制度よりも大幅な値上げとなります。

 

この新制度は、平成25年10月1日以降の契約から適用されます。
保険会社によっては異なります。

 

 

割増引率表

ノンフリート等級

現行の割引比率

(%)

平成25年10月1日〜

無事故の

割引比率(%)

平成25年10月1日〜

事故有の

割引比率(%)

20等級

63

63

44

19等級

61

59

42

18等級

59

57

40

17等級

57

55

38

16等級

55

52

36

15等級

52

50

33

14等級

50

49

31

13等級

47

48

29

12等級

44

47

27

11等級

40

46

25

10等級

37

43

23

9等級

33

41

22

8等級

28

40

21

7等級

23

28

20

6等級

17

19

19

5等級

10

13

13

4等級

3等級

+10

+12

+12

2等級

+26

+28

+28

1等級

+52

+64

+64

 

 

「等級すえおき事故」の廃止と「1等級ダウン事故」の新設

 

現行制度では、車両盗難、飛び石、落書きなどの事故があった場合、
更新後の契約の際には、等級をすえおく「等級すえおき事故」が
適用されました。

 

新制度では、これに該当する事故を「1等級ダウン事故」とし、
更新後の契約においては、「事故有」の割増引率が適用されます。

 

この新制度は、平成24年10月1日以降の契約より取り扱われます。
保険会社によって異なります。

 

 

「等級プロテクト特約(一般用)」の廃止

 

「等級プロテクト特約」を契約した場合、事故があっても1回目の事故に限り、
等級がすえおかれていましたが、
「事故があった契約者」と「事故がなかった契約者」の保険料負担の
公平性を改善し、より公平な保険料負担を実現するという理由から、
平成24年10月1日以降の契約より
「等級プロテクト特約」が廃止されました。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「自動車保険 おすすめの掛け方」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引