自動車保険 リスク細分 走行距離による割引とは?

走行距離による割引とは?

 

1年間の走行距離が短いほど保険料が安くなります

 

これは、走行距離が長くなるほど事故の可能性が高い
という考え方が基本となっています。

 

見積りのとき、あるいは契約するときに申告する年間走行距離は、
これからの保険加入の期間でどのくらい走行するかを申告します。
過去の走行距離ではありません。

 

予定される走行距離を自己申告するのですが、
嘘の申告をした場合は、保険金が出ない可能性があります。

 

しかし、正当に申告したにもかかわらず、
予定の走行距離を超えてしまった場合は、
差額保険料を支払うなどの手続きをすれば補償されます。

 

走行距離を超えてしまいそうな場合は
保険会社に連絡しておきましょう。

 

走行距離の区分は保険会社によって異なります。

 

アクサ損保は、
5,000キロ未満、10,000キロ未満、10,000キロ以上の3区分

 

チューリッヒは、
3,000キロ以下、5,000キロ以下、10,000キロ以下、15,000キロ以下、
15,000キロ超の5区分

 

ソニー損保は、
3,000キロ以下、5,000キロ以下、7,000キロ以下、9,000キロ以下、
11,000キロ以下、16,000キロ以下、無制限の7区分

 

1年間に走行する距離によって、
自分にピッタリ合った保険を探してみましょう。

 

 

ソニー損保には、
「くりこし割引」「こえても安心サービス」がある

 

「くりこし割引」とは、
申告した走行キロ数より、実際に走った距離が少なかった場合、
走らなかった距離の差額保険料に相当する金額が、
翌年の保険契約時の保険料から割り引かれるというものです。

 

たとえば、年間走行距離を11,000キロ以下で契約したにもかかわらず、
実際には7,000キロしか走らなかった場合、
翌年の契約の際に、4,000キロ分の保険料が割引となります。

 

「こえても安心サービス」とは、
年間走行距離を7,000キロ以下で申告したにもかかわらず、
11,000キロ走った場合、これを申告することで、
追加保険料もなく、補償もしてもらえるというサービスです。

 

しかし、次年度の契約時には「11,000キロ以下」の区分での
契約が必要です。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「新車割引」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引