自動車保険 リスク細分による車の使用目的とは?

車の使用目的による割引とは?

 

自動車の使用目的の違いで、
保険料が違ってきます。

 

リスク細分化型の自動車保険の場合、
通勤・通学と日常・レジャーでは
3〜5%程度、日常・レジャーが割安になります。

 

自動車保険の基本的な考え方として、
車を運転する頻度が多い人ほど
事故の確率が高いというのがあります。
そのため、車の使用目的によって保険料が異なってきます。

 

たとえば、日常生活での買い物や休日のレジャーなど、
たまにしか使わない場合は、リスクが少ないと判断され、
保険料が安くなります。

 

一方、通勤や通学でほぼ毎日車を使用する場合や、
業務利用などで毎日1日中車を使用する場合は
運転する頻度が多くなるため、保険料が高くなります。

 

特に業務利用は1日の中で最も運転時間が長いとみなされ、
通勤・通学よりも保険料が高くなります。

 

しかし、雨の日だけ車を通勤に使う場合などは、
通勤・通学とはみなされませんし、
業務使用、通勤・通学については、
定期的・継続的に使用する場合とされています。

 

 

車の使用頻度の目安は以下のようになっています。
■仕事・業務:週5日以上または月15日以上業務に使用
■通勤・通学:週5日以上または月15日以上通勤・通学に使用
■日常・レジャー:上記のいずれにも該当しない場合

 

保険料が安くなる順番は、以下の通りです。
1番 → 日常・レジャー
2番 → 通勤・通学
3番 → 仕事・業務

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「走行距離による割引」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引