自動車保険 任意保険 運転者年齢条件とは?

運転者年齢条件特約とは?

 

運転者年齢条件特約とは、
運転者の最低年齢を指定することで
保険料が安くなる特約です。

 

運転する人の年齢は、保険料を算定するうえで
重要な要素となっています。

 

自動車保険では若い人ほど保険料が高くなります。
免許証を取得したばかりで運転が不慣れ、
あるいは運転歴の短い若い人ほど
事故を起こす確率が高いとされ、保険料が高くなるのです。

 

過去の事故率のデータでは、
若年層のドライバーほど事故のリスクが高く、

 

年齢が上のドライバーは、ゴールド免許保持者の
優良ドライバーが多いという傾向があり、
その分、事故のリスクも低いという結果が出ています。

 

このような考え方から、
「運転者年齢条件」と呼ばれる特約条項を
ほとんどの自動車保険会社が適用しています。

 

年齢の区分は保険会社によって異なっていますが、
一般的な年齢幅の区分は次の通りです。
年齢が高くなるごとに保険料が安くなります。

 

年   齢 補   償

全年齢担保

18歳以上の運転者を補償

21歳未満不担保

21歳以上の運転者を補償

26歳未満不担保

26歳以上の運転者を補償

30歳未満不担保

30歳以上の運転者を補償

35歳未満不担保

35歳以上の運転者を補償

 

運転免許は18歳から取得できますので、
「全年齢補償」の条件で契約した場合、保険料は一番高くなりますが、
たとえば「30歳以上補償」+「子供特約全年齢担保」として契約すれば、
「全年齢担保」とするよりは保険料が割安になります。

 

契約の際には、運転する可能性のあるすべての人を考慮して
決めるのがよいと思います。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「長期優良割引」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引