車両保険のタイプ、免責設定とは?

車両保険のタイプや免責設定で安くする

 

車両保険のタイプで保険料を安くする

 

自動車保険料の約半分を占めるのが車両保険ですから、
車両保険をはずすと保険料は安くなります。
しかし、車両保険をはずしてしまうと事故を起したときの
リスクが多大なものとなります。

 

補償が手厚いオールリスクタイプの「一般車両保険」ではなく
「エコノミー車両保険(車対車+限定A)」にすると、
保険料が割安になります。

 

 

車両保険には「一般タイプ」
「エコノミータイプ(車対車+A)」がありますが、
その違いは、「エコノミータイプ」の場合は、
自分が単独でぶつかった事故や相手がわからない
当て逃げ事故は補償されないので、
単独事故、当て逃げ等は自腹になってもいいという
覚悟があれば、エコノミータイプでも良いと思われます。

 

詳細は車両保険のタイプと補償内容のページを参考にしてください。
>>「車両保険のタイプと補償内容」

 

 

免責金額を設定することで保険料を安くする

 

免責金額とは、事故が発生したときに
契約者が自己負担する金額のことです。
車両保険に入るときには免責金額の設定をします。

 

たとえば、
「1回目の事故5万円―2回目以降10万円」に設定、また
「0―10万円」「5―10万円」「10―10万円」など
複数の選択肢がありますので
好みの設定を選ぶことができます。

 

免責金額が「0−10万円」の場合、
1回目の事故に関しては契約者の自己負担はありません。

 

しかし、2回目以降の事故の場合は、
修理代等の損害額から10万円が自己負担となり、
それを超えた部分の損害額を保険会社が支払うというもので、

 

保険会社は損害額のうち10万円を負担する責任が
免れること(免責)になります。

 

 

自動車保険料の見積りをとるときには、
車両保険有り、無しやタイプ別による保険料の見積りを取って、
そこから判断するのがベストだと思います。

 

また、車両保険をはずしてしまうことは、
相手のある事故の場合、もめる可能性が大きいことを
理解しておきましょう。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「料率クラスの低い車を選んで安くする」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引