自動車保険 任意保険 車両保険の保険料が支払われない場合とは?

車両保険において保険金が支払われない場合とは

 

車両保険において保険金が支払われない場合とは

 

車両保険では、原則としてあらゆる事故に対して
保険金が支払われますが、
保険金が支払われない場合があります。

 

約款で定められている「保険金を支払わない場合」の
主なものは以下のとおりです。

 

1.故意または重大な過失によって生じた損害

 

2.無免許・酒酔い運転、麻薬・シンナーなどを使用の
  運転で発生した損害

 

3.戦争、内乱、暴動などの異常事態によって発生した損害

 

4.地震や噴火、これらによる津波によって発生した損害

 

5.保険契約車の欠陥や腐食、サビ、その他自然の消耗による損害

 

6.故障による損害

 

7.詐欺や横領によって発生した損害

 

4番の「地震や噴火、これらによる津波によって発生した損害」については、
「地震・噴火・津波危険「車両損害」担保特約」という特約を付帯すれば、
補償の対象となります。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「ゴールド免許割引」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引