自動車保険 任意保険 車両保険のタイプと補償内容

車両保険のタイプと補償内容

 

車両保険の補償とは、
保険契約した自動車が偶然に起こった事故によって
損害を受けたときに保険金が支払われます。

 

この「偶然に起こった事故」とは、交通事故だけをいうのではありません。
以下のようなあらゆる事故、
衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来・落下、
火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮などで
被害を受けたときにも補償されます。

 

また、過失によって発生した偶然な事故も含まれます。
しかし、契約タイプによっては補償範囲が限定されます。

 

 

車両保険の種類と補償内容

 

車両保険とは、自分の車を守る保険ですが、
車両保険は、自動車保険料の約半分にもなるので、
加入するかどうか迷いますね。
しかし、加入してなければ多額の修理費が発生した場合に
困ってしまいます。

 

車両保険には以下のようなタイプがありますので、
補償内容を知って検討してみましょう。

 

 

一般車両保険(オールマイティな車両保険)

 

一般車両保険は、他車との接触や衝突事故、
電柱に衝突したなどの自分に過失や責任がある単独事故、
相手が特定できない当て逃げによる損害、
火災、台風や洪水などの自然災害(地震を除く)による損害、
走行中の飛び石などの損害、
また、車の盗難や落書きをされたなどの被害にあった場合にも
保険金が支払われるオールマイティな車両保険です。

 

このように一般車両保険は補償の範囲が広いので、
保険料が割高となります。

 

 

エコノミー車両保険(車対車)

 

エコノミー車両保険は、基本的に車同士の事故のみが補償されます。
相手が分からない場合には、保険金は支払われません。

 

一般車両保険に比べて、車対車の事故に限定されているので、
保険料は割安となります。

 

 

限定A

 

不意の出来事、思わぬ事故(アクシデント)の場合に、保険金が支払われます。
台風、洪水、盗難、いたずらなど、補償範囲をアクシデントに限定しているので、
その分保険料が安くなります。

 

 

エコノミー+限定A(車対車+A)

 

エコノミーに限定Aの補償がプラスされた車両保険です。

 

一般車両保険との違いは、単独事故と当て逃げ、車以外の物は補償されません。
車同士での事故の場合は、相手が確認できている場合のみ保険金が支払われます。
相手が逃走してしまった場合、保険金は支払われません。

 

 

車両保険の種類と補償内容

一般車両 エコノミー 限定A
 他車との衝突

 

 単独事故

 

 当て逃げ

 

 車以外の物

 盗 難

 

 火災・爆発

 

 台風・洪水

 

 落書きなどのいたずら

 

 走行中の飛び石

 

 物の飛来・落下

 

 

 

車両保険のタイプ選び

 

車両保険タイプの選び方としては、
車の財産価値でタイプを選ぶという方法もあります。

 

新車や年式が新しいならば、車の価値も高いので「一般タイプ」、
年式が経過して車の価値が50万円を切るようなら「車対車+A」
というように、車の価値によってタイプを選択してみてはどうででしょうか。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「車両保険の保険料が支払われない場合」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引