自動車保険 任意保険 自損事故保険とは?

自損事故保険とは?

 

自損事故保険とは、
相手がいない事故などにより死亡あるいはケガをしたとき、
自賠責保険や人身傷害補償保険の補償を受けられない場合に
保険金が支払われる保険です。

 

ほとんどの場合、対人賠償保険に自動付帯されています。

 

 

「カーブを曲がり切れずに転倒した」
「運転中にわき見をして建物に衝突してしまった」
「電柱に衝突した」などの
ドライバーの過失による単独事故は意外に多いものです。

 

このような自損事故を起こしてケガや後遺障害を負っても
相手がいない事故では、対人賠償保険を使うことはできません。
このときに自損事故保険に加入していれば、
ドライバー(保険契約者)や搭乗者(他人・自分の家族を含む)も
補償されます。

 

また、相手に過失がない車同士の事故を起こして、
自賠責保険などの補償が受けられない場合は、
自損事故保険から保険金が支払われます。
その場合、補償される保険金額には上限があります。

 

 

自損事故保険の保険金額

 

■死亡した場合:1,500万円
■後遺障害保険金:50万円〜2,000万円
■介護費用保険金:200万円〜350万円
■医療保険金:入院1日6,000円
       通院1日4,000円

 

 

保険会社によっては、人身傷害補償に加入していると単独事故もカバーでき、
運転者、搭乗者の死亡やケガは過失割合にかかわらず
保険金額の範囲内で補償されるので、
自損事故は加入しなくてもよいという場合もありますので、
自動車保険の証券などに記載されているかどうか
確かめてみましょう。

 

 

なお、自損事故保険を使った場合、翌年は3等級ダウンとなり
保険料が大幅に上がります。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「車両保険とは」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 

 

 

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引