自動車保険 任意保険 人身傷害補償保険とは?

人身傷害補償保険とは?

 

人身傷害補償保険とは、相手がいる事故か単独事故かを問わず、
契約時に設定した保険金額を限度として、
実際にかかった治療費や休業損害などを
全額支払ってもらえる実損払いの傷害保険です。

 

事故後の示談交渉を待たなくても、損害額が決定した時点で
保険金を受け取ることができます。

 

同じような保険として搭乗者傷害補償保険がありますが、
人身傷害補償保険は、搭乗者傷害補償保険よりも
補償額や補償範囲が幅広くなっています。

 

搭乗者傷害補償保険の一般的な補償額は
1人あたり1,000万円程度ですが、
人身傷害補償保険は1億円程度まで
設定することが可能です。

 

 

また、搭乗者傷害補償保険は、保険契約をしている車に
搭乗している人だけが補償の対象となりますが、
人身傷害補償保険では、保険契約をしていない車に
搭乗していても補償の対象になります。

(契約車両の搭乗時以外にも補償される契約のみ)

 

 

人身傷害補償保険の最大の特徴としては、
事故の過失割合に関係なく、
実際の損害が補償されるということです。

 

 

ケガの場合は人身傷害補償、搭乗者傷害の両方に
加入することで手厚い補償が受けられますが、
万一、保険契約者が死亡した場合は、人身傷害補償と搭乗者傷害では
補償金額に大きな差ができます。
(人身傷害1億円、搭乗者傷害1,000万円の場合)

 

 

人身傷害補償は契約車両以外に、他の車に搭乗中、
歩行中も補償される契約もありますが、
契約車両に乗車中のみ補償される特約を付ければ、
保険料はかなり軽減できますので、
コストを考える場合は、このような契約方法もあります。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「無保険車傷害保険とは」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引