自動車保険 任意保険 搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは?

 

搭乗者傷害補償保険とは、
自動車に搭乗しているすべての人が補償される自動車保険です

 

車の搭乗者が死亡や後遺障害、またはケガをしたときに、
あらかじめ定めた額の保険金が搭乗者ひとりひとりに支払われます。

 

この搭乗者傷害保険は対人賠償保険とは違って、
搭乗者が運転者の家族や友人・知人であっても補償の対象となります。

他人はもちろん、契約者本人、その配偶者や同居の家など
すべての搭乗者が補償を受けられる保険です。

 

事故の過失がどちら側にあるのかにかかわらず、
保険契約している自動車に乗っていたドライバーや
搭乗者すべての人が補償の対象になります。

つまり、契約者の過失割合が100%の事故や単独事故でも
補償されるということです。

 

 

また、相手方の対人賠償保険から保険金(損害賠償金)が
支払われる場合でも、保険金が支払われます。

 

人身傷害補償保険、無保険車傷害保険、自損事故保険が
対象となる事故の場合であっても、
それぞれの保険からの保険金支払いとは別に
搭乗者傷害保険から保険金が支払われます。

 

 

しかし、搭乗者傷害補償保険が支払われないケースがあります。
それは、自動車保険契約者の故意による事故や
酒気帯びや薬中毒運転、無免許運転などによる死亡または
ケガの場合には、保険金は支払われません。

 

保険金支払いの対象となるのは、
自動車の運転席、助手席、後部座席などの
固定された乗用具に定員内で座っている人のみが
補償の対象となります。

 

トラックの荷台に乗っていた場合には対象になりません。

 

 

保険金支払について・保険金額

 

搭乗者保険の保険金支払いについては、
保険会社によって異なっています。
「部位・症状別払い」「日額払い」「一時金払い」などが
ありますので、契約時に確認しておくとよいでしょう。

 

以前は、実際の入院・通院日数に応じて支払われる
「日額払い」が一般的でしたが、
最近の自動車保険では、ケガの部位・症状に応じた
定額の保険金を支払う「部位・症状別払い」となっているようです。

 

事故が起こった日から180日以内に、その事故によるケガが原因で死亡した場合、
契約の保険金額が支払われます。

 

 

人身傷害補償保険との組み合わせについて

 

人身傷害補償保険に加入していれば、
契約時に設定した保険金額の範囲内で
実際にかかった治療費がすべて補償されますので、
搭乗者傷害保険は、その上乗せ補償となります。

 

 

両方の保険に加入すれば、どちらの保険金も受け取ることができますが、
保険会社によっては人身傷害補償に加入しておけば、
搭乗者傷害を外して契約ができるところもありますので、
保険会社を選んで検討してみるのもよいでしょう。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「人身傷害補償保険とは」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引