自動車保険 任意保険 対物賠償保険とは?

対物賠償保険とは?

 

対物賠償保険の補償の対象は「モノ」です

 

自動車を運転中に事故を起こし、他人の車や家屋などに損害を与えた場合、
法律上の賠償責任が発生します。
その場合、対物賠償保険から保険金額の範囲内で
保険金が支払われます。
支払いの対象となるのは「他人の財産への損害」のみです。

 

ですから、自動車保険の契約者本人とその家族の所有物は、
補償の対象外になります。
たとえば、自分の車で自宅に損害を与えた場合などは補償されません。

 

 

対物賠償保険の補償の対象は、
事故によって壊した「モノ」だけではありません。
その事故によって発生した賠償責任をカバーします。

 

以下のような損害に対して補償されます。

 

・事故の相手の車の修理
・レッカー費
・ガードレール、街灯、電柱などの修理
・住宅や商店などの建物の修理
・建物へ飛び込んだ際の商品や製品の破損
・商業用車両(観光バス・タクシー・トレーラー・電車など)の逸失利益
・商業施設(コンビニ・レストラン・飲食店・パチンコ店など)の逸失費用
 それに関する従業員の給与

 

 

対物賠償保険では、壊したモノ自体の賠償やそれに関する
営業補償・休業補償にも対応している保険です。

損害を与えたモノによっては、多額の賠償金が発生するばかりが、
それらの事務手続きなども大変になってきます。

 

精神的にも安心を得るためには、
やはり限度額のない無制限で契約しておくのが無難です。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「搭乗者傷害保険とは」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 

 

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引