自動車保険の保険料の決め方とは?

自動車の保険料はこうして決まります 

 

自動車保険料は、次のような要素によって決まります。

 

1.車種・型式・年式・グレード
2.新車、新車以外の車
3.担保種目の保険金額・免責金額の設定
4.等級
5.車の使用目的、使用頻度、走行距離
6.免許証の色
7.運転する人の年齢

 

 

1.車種・型式・年式・グレードによって保険料が決まる

 

自動車保険会社は保険料を決めるときに
「型式料率クラス」に基づいて保険料を決めています。

「型式料率クラス」とは、
車検証に記載されている自動車の型式ごとに設定された
自動車保険の保険料率のことです。

 

 

この型式料率クラスは、
過去に起こした事故の頻度や規模、その際に保険会社が
どの程度の保険金を支払ったのかなどを考慮し、
その車種を型・年式・グレードなどによって9段階に区分したもので、
対人・対物・障害・車両の担保種目ごとにリスクを
保険料が安い「1」〜保険料が高くなる「9」までのクラスに
分けています。

 

■対人賠償 1〜9クラス
■対物賠償 1〜9クラス
■障害(搭乗者・人身傷害) 1〜9クラス
■車両   1〜9クラス

 

この数字が大きくなるほど保険料は高くなります。
事故を起こしやすい車や修理費が高い車は料率が高くなり、
保険料も上がります。
1クラスごとの保険料の格差は約20%です。

 

*軽四自動車と貨物自動車は、車種や型式などに関係なく
 一律料率になっています。

 

 

この型式料率クラスは、毎年、見直しが行われていますので、
たとえ1年間無事故であっても、型式ごとの事故実績により、
翌年の保険料が高くなる場合があります。

 

 

2.新車か新車以外かで保険料が決まる

 

新車は、新車以外の自動車よりも事故リスクが少ない、
という統計があります。
それで、保険料が割引きとなるのです。
また、新車は故障などのトラブルも少ないので、
その分、保険料も割安になるということです。

 

保険料の割引は初度登録より25ヵ月以内の自動車とされています。

 

 

3.担保種目の保険金額・免責金額の設定により保険料が決まる

 

担保とは、保険金支払いの対象になるということです。
最近では「担保」を「補償」と呼ぶことが多くなっています。
主な担保種目は次の通りです。

 

■対人賠償保険
■対物賠償保険
■車両保険
■人身傷害保険
■搭乗者傷害保険
■無保険車傷害保険
■自損事故保険

 

各保険の補償金額の設定、車両保険のタイプや免責金額を
設定することにより、保険料を抑えることができます。

 

 

4.等級で保険料が決まる

 

自動車保険の等級は1〜20等級まであります。
数字が大きいほど保険料は安くなります。

 

自動車保険を新規に契約する際は6等級からのスタートとなり、
保険を使うことがなければ、翌年から等級が1等級ずつ上がっていき、
それにともなって保険料も安くなっていきます。

 

逆に事故を起こし保険を使うと、1事故につき3等級下がり、
翌年は保険料が上がります。

 

2015年10月1日からは、同じ等級でも、
無事故の場合と事故有りの場合とでは
割引率に大きな差が設けられますので、
支払う保険料にも大きな差ができます。

 

この等級は契約更新のときに保険会社を変える際でも
それまでの等級が引き継がれます。

 

 

5.車の使用目的で保険料が決まる

 

車の使用目的とは、自動車をどのような目的で使用するかということです。
この使用目的は次のように分けられています。

 

■日常・レジャー:近所への買い物、休日や週末のドライブなど
■通勤・通学  :週5日以上(もしくは月15日以上)通勤や通学に使用。
■仕事・業務  :週5日以上(もしくは月15日以上)業務に使用。

 

車検証に「営業用」と記載のある自動車は事業用となり、
ここには含まれません。

 

最も保険料が安いのは「日常・レジャー」、
次いで「通勤・通学」「仕事・業務」の順に
高くなっていきます。

 

また、年間の走行距離でも保険料が変わってきます。

 

 

6.免許証の色で保険料が決まる

 

運転免許証の色は「ゴールド・青(ブルー)・緑(グリーン)」の
3種類あります。

 

運転免許証を初めて取得したときはグリーンからのスタートとなり、
最初の更新時にブルーになります。
ブルーの状況のまま5年間、無事故無違反であれば、
ゴールド免許になります。

 

自動車の保険料は、グリーンのときが一番高く、
ブルー、ゴールドとなるにつれて保険料が安くなっていきます。

 

割引率は、ゴールド免許がもっとも大きくなります。

 

保険会社の商品によっては、ゴールドとそれ以外という区分だけで、
ブルーとグリーンを区別しない場合もあります。

 

 

7.年齢で保険料が決まる

 

一般的に、運転免許を取ったばかりの人と運転歴が長い人では
事故を起こす確率が違ってきます。

 

免許保有者の年齢層別交通事故発生状況を見ると、
人身事故の件数が多いのは16歳〜25歳未満の若者だということです。
そのために保険会社では次のように年齢制限をもうけています。

 

■全年齢
■21歳以上
■26歳以上
■30歳以上

 

年齢制限の設定は保険会社によって異なります。

 

車を運転する人の年齢制限を高くするごとに
保険料も割安になります。

 

自動車保険の保険料は、主に以上のような要素で決まります。

 

 

保険料が比較できる無料一括見積りはこちらから

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 



 

 

>>「車両保険のタイプや免責設定で安くなる」のページに進む

 

>>「自動車保険格安比較ランキング」TOPページに戻る

 


TOP 自動車保険の保険料決め方 車両保険を安くする方法 料率クラスで安くする インターネット割引